安全運転への取り組み~SDカードについて~

投稿日:2015-02-27

安全運転への取り組み~SDカードについて~

車の運転に関連した言葉で、SDカードというものをご存知でしょうか?これは、持ち主が安全運転者であることを認めるカードです。持っているだけで優良ドライバーであるという証明になるため、安全運転への取り組みの一環としてSDカードの取得を目指すのも良いでしょう。今回はこのSDカードについて詳しくご紹介します。

SDカードの概要

SDカードとは、「Safe Driver Card」の略で、自動車安全運転センターが発行しています。無事故無違反の安全運転者であることを証明するもので、このカードを持っていることにより、運転に対しての誇りと自覚が持てるようになります。高い意識を持って運転に臨めるようになることで、結果的に事故の防止にもつながるでしょう。
このSDカードは、証明日以前の1年間以上、事故や違反の記録がない人が対象で、申請することで証明書と一緒にカードがもらえます。カードには5つの区分があり、それぞれ無事故無違反を続けている期間によって色が変わります。1年以上2年未満はグリーン、2年以上4年未満はブロンズ、4年以上10年未満はシルバー、10年以上20年未満はゴールド、20年以上はスーパーゴールドです。
カードには、イメージキャラクターのSDワンダくんが描かれています。

SDカードを持つことで得られるメリット

SDカードを持っていることで得られるメリットとして、優遇店での割引サービスがあります。SDカード優遇店では、カードを持っているだけでお店の商品やサービスを割引料金で利用できるのです。業種は、ガソリンスタンドやレストラン、ホテル、レンタカー、引越し業者などさまざま。その他、金融機関でマイカーローンを組む際に金利が優遇されるといった特典もあります。ただし、お店によっては発行から5年以内など期限が設けられている場合もあるので注意しましょう。
また、運転業や社用車を運転する職業では、このカードの取得が社内で義務付けられている場合もあり、就職に有利になる可能性があるのもメリットの一つ。自動車を運転する仕事に就きたい場合には、SDカードの取得も考慮しておくと良いでしょう。

SDカードの取得方法

実際にSDカードを取得する方法ですが、各都道府県の自動車安全運転センターに「無事故・無違反証明書」か「運転記録証明書」を申し込みましょう。この時に、1年以上事故や違反等がないことが確認できれば、証明書と一緒にカードがもらえます。
申込用紙はセンター以外にも警察署や駐在所でも手に入るので、センターが遠い人は最寄りの交番に行きましょう。証明書1通につき630円の手数料がかかります。必要事項を記入した申込用紙と手数料を添えて、センターの受付に直接提出するか郵便局で申し込んでください。即日交付は行われていませんので、後日取りに行くか郵送してもらいましょう。基本的には本人が申請しなくてはいけませんが、代理人による申請も可能です。その場合は委任を証明する書類が別に必要となります。

さまざまな特典を受けられるだけでなく、持っているだけで安全運転に対する誇りを持つことができるのがSDカードの魅力です。さらに運転への意識が高まり、気を引き締めることができるでしょう。自身の優良な運転の証明として、取得してみてはいかがでしょうか?


ページトップへ戻る