自動車事故の種類を知りたい

投稿日:2015-03-27

自動車事故の種類を知りたい

毎日どこかで起きている自動車事故は、できれば生涯経験したくないものですよね。自動車事故の種類は主に「物損事故」と「人身事故」の2つに分かれます。それぞれどのようなことが原因で起きているのでしょうか。
ここでは、自動車事故の原因や防止法、その実態についてご紹介いたします。

物損事故とはどんな事故?

物損事故とは、自動車や施設、設備などの財産に対して損害を与えられた事故です。駐車場を出るときにちょっとバンパーを擦ってしまった軽いものから、踏切に進入して電車と接触したような重大な事例まで種類や内容はさまざまです。

物損事故の主な原因の一つに、「追突」があります。運転中の携帯電話やカーナビの操作、テレビの視聴などの前方不注意から、ブレーキを踏んでも間に合わず自動車や設備などに追突してしまうのです。ほかには、スピードの出し過ぎや、車間距離の詰め過ぎによる原因も挙げられます。追突事故は運転中にわき見をせず、安全な速度で車間をしっかりと空けていれば回避できることができる事故だと言えるでしょう。

さらに自動車をバックしているときに施設、設備などに接触させる事故も増えています。ガソリンスタンドの給油台に接触させたり、駐車場で壁や料金メーターに衝突して壊してしまったり、アクセルとブレーキを踏み間違えてコンビニやお店などに突っ込んだりする事故も多発しています。
こういった事故を起こさないために日頃から自動車の運転に慣れることや、運転中に何かヒヤッとすることがあったとしても慌てず深呼吸などをして冷静になるのが大切です。最近ではバックモニターで車の後ろの状況が確認できるシステムを内蔵した自動車も発売されており、事故防止に役立っています。

人身事故とはどんな事故なのか

人身事故とは事故により人身傷害が発生した事故です。人が死亡してしまうような重大な事故を始め、骨折をしたなどさまざまなケースがあります。人身事故は警察が介入し「刑事事件」として扱われ、加害者は刑事責任を負うことになります。弁償すれば済む物損事故とは違い、人の命が関わってくるため、重大な事故となってしまいます。

人身事故の原因の多くは、交通ルール違反が挙げられます。信号無視や一時不停止などは重大な事故のリスクが、非常に高くなります。またスピードの出し過ぎでカーブを曲がり切れず、対向車と衝突してしまうといったケースもあります。
特に飲酒運転は大きな事故につながるケースが非常に多いので、お酒を飲んだら絶対に運転しないようにしてください。人身事故の防止策としては、普段から交通ルールを意識して守り、無理のない運転をすることが求められます。

自動車事故の実態について

自動車事故を起こす加害者には、どのような年齢の人が多いのでしょうか。社団法人日本損害保険協会が出している統計データ「自動車保険データにみる交通事故の実態(2007年4月~2008年3月)」によると、加害者年齢別の被害者数・人身損失額は20歳~24歳の割合が最も高くなっています。更に近年では65歳以上の高齢者が加害者となる割合も増えており、超高齢化社会の進行が予想される日本では高齢者が増えることから、事故の割合はますます高くなりそうです。
被害者についても、20歳~24歳の年齢層が最も多いですが、死亡率は80歳以上の年齢層が最も高いというデータが得られています。

自動車運転する上で事故が起こりうる原因をしっかりと理解し、日頃から安全運転を心がけていくことが大切です。事故は運転が慣れてきたころ「これくらい大丈夫」という過信によって起こることが多いので、常に気を引き締めて運転するようにしましょう。


ページトップへ戻る