不注意で起こる事故について知ろう

投稿日:2015-03-27

不注意で起こる事故について知ろう

自動車を運転していて、「危ないっ!」、「びっくりした!」と思わず言ってしまうようなシーンは、誰でも一度は経験しているでしょう。運転手の不注意が原因で起こる事故がたくさんあります。
ここでは運転手の不注意でどんな事故が起こるのか、その防止策にはどういったものがあるのかをご紹介いたします。

ヒヤリハットとは

ヒヤリハットとは、結果として事故にはならなかったけれど、事故につながる一歩手前で回避できたシーンのことを言います。もう少しで事故になることにヒヤヒヤしたり、急な出来事にハッと息を飲んだりする状況と重大な事故とは、常に背中合わせの状態にあります。
ヒヤリハットと関連する言葉に「だろう運転」というものがあります。「だろう運転」とは、運転手の楽観的な予測である「飛び出してこないだろう」、「相手の車が譲ってくれるだろう」、「歩行者はいないだろう」といった都合の良い解釈で車を運転してしまい、結果としてヒヤリハットに繋がるような運転方法です。お互いのドライバーが「交差点から車がこないだろう」と思い込んでノーブレーキで交差点に侵入したら、ヒヤリハットになるかもしれませんし、タイミング次第では出会い頭の事故になっているでしょう。

ヒヤリハットを防ぐには

ヒヤリハットが発生する状況は大部分が危険予測をしっかりとできず、自己中心的な運転を続けることで遭遇する確率が高くなります。ヒヤリハットを防ぐには、「かもしれない運転」を日頃から心がけることが大切です。「人が出てくるかもしれない」、「前方の車が急停止するかもしれない」という危険予測をしながら慎重に運転することで、ヒヤリハットを少なくすることができるでしょう。
また、中には運転手の不注意によるヒヤリハットもあります。考え事をしながらぼんやりと運転していたり、携帯電話をしながら運転したりすると標識や信号の見落としはもちろん、歩行者や他の車両に対する認知能力も下がります。このような行動を控えることもヒヤリハットを減らす有効な手段でしょう。

車の運転時に注意したいこと

交通事故を起こす原因の大半は運転手の不注意によるものですが、不注意とはどのようなことが原因で起きるのでしょうか。

眠気によるもの

眠気がある状態で運転をすると、居眠り運転の原因となります。少しでも眠いなと感じたらガムをかんだり、眠気覚ましのドリンクを飲んだりして、それでも眠気がある場合は一度自動車を止めて仮眠をとりましょう。

疲労によるもの

長時間の運転や、疲れているときの運転は注意力が散漫になり、事故につながることがあります。眠気がある場合と同様に一度車を止めて休憩をとってリフレッシュするのが効果的です。ただし、疲労があまりに溜まっている場合には、運転自体を控えたほうが良いでしょう。

慣れによる過信

「いつも通っている道だから」といった慣れが生じてくると、初めての道よりも注意力が低下する傾向にあります。また、乗り慣れた車の場合には「この速度でいつも角を曲がれているから大丈夫だろう」という過信が習慣化してしまいます。たとえ走り慣れた道や自動車だとしても「かもしれない運転」を心がけ、常に初めての道路や自動車のときと同じ気持ちで運転することが大切です。

感情による変化

会社で上司に叱られたり、夫婦で喧嘩をしたり、怒りや悲しみなど通常とは違う心理状態で運転をすると、行動に影響することがあります。ほかの自動車に割り込まれたり、追い抜かれたり、約束の時間に遅れそうなのにもかかわらず、前方の車がノロノロ走っていてイライラするような状況でも同様に乱暴な運転になるおそれも。そういった場合には深呼吸をして気持ちを落ち着かせる、飲み物を飲んだり、音楽をつけたりしてリフレッシュすることで、冷静になるように心がけましょう。

ドライバーのぼんやり運転や注意力の低下が事故の大きな原因の1つになっており、集中して運転できない理由にはさまざまなものがあります。適度な休憩や感情のコントロールをしっかりと行い、冷静さと注意力をもって運転することが大切です。


ページトップへ戻る