右折・左折事故の原因と対策

投稿日:2015-03-27

右折・左折事故の原因と対策

交差点では事故が非常に起こりやすいため、危機意識を持って運転に臨まなければなりません。では、交差点を右折、左折する際には、どのようなことに注意しながら曲がれば良いのでしょうか?
ここでは、右左折時に事故が発生する原因や対策と、交差点で直線時に起こる事故についてご紹介いたします。

右折での交通事故

右折での交通事故として挙げられるのが、直進車と衝突してしまうケースです。(右直事故)
ほかにも、直進する対向車ばかりに気を取られ、横断歩道を渡っている歩行者や自転車に気づかず接触事故を起こしてしまうケースや、対向車が途切れたので右折した際、対向車の後方にバイクが走っていて衝突事故になった事例など、右折にまつわる事故の種類は数多く存在します。
右折する場合、対向車に注意し、右折側の横断歩道にも気を配ることはもちろんですが、対向車が途切れたからといってすぐに右折を開始せず、バイクなどが影に隠れていないかを注意しましょう。

また、信号が黄色から赤になる変わり目も、注意が必要です。「直進車が停まってくれるだろう」という判断で右折し、相手も「ギリギリで行ける」と判断して、お互いそのまま停止せずに走行してきた場合に、衝突事故に繋がります。相手が減速していて、確実に「止まる」と判断できる状態になってから右折するのが事故防止の正しい判断と言えるでしょう。

左折での交通事故

交差点の左折は事故が少ないと感じがちですが、実はそうではありません。左折の事故として挙げられるのが、自転車やバイクなどを巻き込んだり、横断歩道の歩行者や自転車に気づかず接触事故を起こしたりするケースです。
左折をする場合は、特に後方左側にバイクが走っていないかを、早めに確認する必要があります。ルームミラーとサイドミラーで確認するのはもちろんですが、後方左側はミラーの死角になっていることが多いので、直接後方を目視で確認するのも大切です。
その後、早めに左ウインカーを出して、左に曲がることを後方を走る相手にアピールしましょう。
特に、後方からスピードを出して迫ってくるバイクがいる場合には、バイクがすり抜けられないようにあらかじめ車を左に寄せるか、先にバイクを行かせてから左折すれば巻き込み事故を防ぐことができます。

また、前方から横断歩道を渡りかけている歩行者や自転車が要る場合は、相手が渡り切ってから左折しなければなりません。後方のバイクだけに気を取られると、横断歩道の確認を怠りがちになるので、しっかりと確認してください。

交差点での交通事故

事故の多発する交差点とは、どのような場所なのでしょうか。統計的には交通量が多い交差点が事故の割合も高くなるのですが、交通量が少ない交差点でも事故が多発することがあります。
見通しの悪い信号のない交差点や、どちらが優先道路か分からないような小さな交差点では、出会い頭の事故が多い傾向が見られます。見通しの良い交差点でも、視覚的問題により接近してくる車が止まっているように見えてしまう「コリジョンコース現象」が発生することで、事故に繋がるケースがあります。

また、カーブの途中に交差点があり、対向車が来ているかどうか分かりにくい交差点は、対向車や歩行者の確認が難しいため、事故の発生率が高くなっているところもあります。このような交差点は、普段以上に安全確認をした上で通行する必要があります。

交差点事故での過失割合は?

では、交差点内で事故を起こした場合の過失割合は、どう変わってくるのでしょうか?
「右折と直進車」が信号機のある交差点で事故を起こした場合、信号が双方青であると、右折車の過失割合が高くなります。どちらも黄色信号になると、双方が同じくらいの割合になり、直進が赤に変わり、右折の青矢印の信号が出ている場合には、直進車の過失割合が非常に高くなります。

相手が歩行者の場合は、自動車側の過失割合が高くなります。歩行者が赤信号を渡っていて自動車が青信号を渡っていた場合でも、歩行者が100%の過失割合になるわけではなく、一般的には「車:歩行者=3:7」といった割合になります。歩行者は交通弱者になるため、歩行者の過失で事故が起こっても、自動車側の責任は逃れることができません。

そのほか、信号のない交差点での事故の場合は、一時停止をしなければならなかった側に8~9割、優先道路側に1~2割程度の過失割合になるのが一般的です。
以上の過失割合はあくまでも目安の数値であり、実際には事故の状況により異なることもあるので、必ずご自身のケースがどこに当てはまるかを確認するようにしましょう。

多くの自動車が走行する交差点は、それだけ交通事故も多くなります。交差点の事故原因をしっかりと理解して、少しでも交通事故を起こさないような努力をしましょう。


ページトップへ戻る