副安全運転管理者とは?その選定基準を知ろう

投稿日:2015-02-12

副安全運転管理者とは?その選定基準を知ろう

各事業所で保有する車両台数が多い場合、安全運転管理者以外に「副安全運転管理者」を選任する必要があります。今回は、その副安全運転管理者についてご紹介します。

副安全運転管理者を選任しなければならないケースとは?

安全運転管理者は定員11人以上の自動車の場合は1台以上、それ以外の自動車の場合は5台以上保有する場合に選任することが道路交通法によって義務付けられています。副安全運転管理者については自動車定員数に関わらず20台以上を保有する場合に、20台毎に1名選任する必要があります。つまり20台保有する場合は1名、40台保有する場合は2名といったように副安全運転管理者を選任しなければなりません。
安全運転管理者及び副安全運転管理者を選任しなかった場合には「5万円以下の罰金」という罰則もあります。

副安全運転管理者の選定基準とは?

安全運転管理者同様に副安全運転管理者についても、誰でも良いというわけではありません。
副安全運転管理者については、「20歳以上」で「自動車の管理経験1年以上、または自動車の運転経験3年以上」の2つの条件を満たす必要がありますが、安全運転管理者と比べて年齢や管理経験年数が少なくても選定することは可能です(安全運転管理者は30歳以上、自動車の管理経験2年以上)。
併せて過去2年以内に「ひき逃げ」「酒酔い・酒気帯び運転」「麻薬等運転」「無免許・無資格運転」「最高速度違反」「積載制限違反運転」「放置駐車違反」「自動車使用制限命令違反」といった交通違反を犯している場合は、副安全運転管理者になることはできません。飲酒運転や無免許運転を要求するような行為や同乗する行為をするといった違反をした場合も同様。そしてこれらの違反理由等により、副安全運転管理者の解任命令を受けて2年を経過していない場合にも、副安全運転管理者になることはできません。これは安全運転管理者と同様の条件です。

副安全運転管理者の業務とは?

副安全運転管理者の業務は、安全運転管理者の補助です。事業所の保有する自動車台数に応じて選任が義務付けられるわけですから、管轄する車が違うだけで安全運転管理者と同じ業務を行うと思っても差し支えないでしょう。
具体的には「運転者の適性や処分等の把握」「運行計画の作成」「交替運転者の配置」「異常気象時の安全運転確保の措置」「点呼と日常点検」「運転日誌の備付」「安全運転指導」といった安全運転管理者の業務を補佐し、営業車両の安全運転の確認に努めなければなりません。

「副」という位置づけから、副安全運転管理者については責任の所在や業務実態が不明確になってしまうこともあります。しかし、副安全運転管理者の選定が義務付けられる背景が保有台数に応じてのものであることを十分理解し、安全運転管理者と共に営業車両の安全な運転管理を確保・維持していくためであることは忘れないでください。また「次の安全管理者を育てる」という重要な意味合いが含まれていることも感じて、責任を持って対処しましょう。


ページトップへ戻る